お店の方針は色々

風俗嬢が受ける性病検査というのは決して難しいものではなく、「血液」、「尿」、「膣液」、「のど」のいずれか、もしくは全てからサンプルを採取すだけの流れとなっています。
そもそも、性病に感染してしまえばお店に出勤することができませんので、自動的にお給料もゼロとなってしまいます。
月に1回のこんな簡単な検査を受けなかったことにより、お給料がゼロになってしまうというのは誰が聞いてももったいない話でもあるのです。
ですから、賢い女性はきちんと欠かさず毎月の性病検査を受けているのです。
そこで、性病検査を推奨している風俗店でも検査の方針は分かれてきます。

 

まず、「全員が必ず検査を受けるように徹底しているお店」というのがあります。
特に、ソープランドなどは性病に1番シビアですから、どこのお店でも徹底して行っています。
性病の定期検査を受けないと出勤できないお店もありますから、ついつい忘れてしまうということもないのです。
次に、「希望する女性だけ検査を受けられるお店」になります。
忘れやすい女性などは、気が付いたら半年くらい性病検査をしていなかったということもありますから忘れないようにしたいものです。
最後に、「性病検査は自分でというお店」になってきます。
オナクラなどの感染リスクがとても低いタイプのお店ではこういったこともあるのです。

 

それと、性病検査は女性自身で全額負担するお店が4割くらいで、残りの6割は一部負担してくれたり、提携割引が適用になったりします。
とはいえ、上記でも述べましたが、性病に感染してしまえばお給料がゼロになりますので、風俗店で働く意味が全くありません。
そうならないために、全額自己負担でも毎月きちんと性病検査を受けたほうがいいのです。
「全員必ず検査を受けるようにしているお店」、「希望する女性のみ受けることができるお店」、「お店が性病検査の経費を負担してくれる場合」、「一部負担もしくは提携先で割引」、これらのどれがお得かという問題ではなく、自分自身できちんと身体を守るということだけは最低限しておかなければならないのです。
それでも毎日の生活費を切り詰めてギリギリの生活を余儀なくされている女性もいるでしょう。
そういった女性は、「定期性病検査」を行っており、かつ「衛生対策」もしっかりしているお店を探すということから始めればいいかと思われます。
賢い女性は毎月ちゃんと性病検査をしていますから、ついつい忘れてしまうことがないようにしっかりと検査して、しっかりと高収入を得てほしいものだと感じます。