賢い女性は受けている

風俗店で働く女性というのは、基本的に男性へと性的サービスを提供するというお仕事になってきます。
ですので、一言でいいますとお客様である男性とは常に裸の関係になるということなのです。
そういったことから、風俗店で働く女性というのは性病との闘いともいえるのです。
そこで、賢い女性というのは毎月ちゃんと性病検査をしていますし、たとえ一度も性病に感染したことがなくても毎月性病検査を受けています。
お客様の為でもありますけど、何よりも自分自身のために毎月検査をしておくことが大事なのです。
しかも、性病検査はとても簡単であり、匿名でも受けれます。

 

これから風俗嬢になる予定の女性などは、性病検査が何をするのかというのをしっかりと覚えておいたほうがいいと思われます。
実際に風俗のお仕事をするようになると分かることですが、性病というのはそんなにかかるものではありません。
プレイの前後にしっかりと性病予防をしていれば、未然に防ぐことができるのです。
普通、周りの女性でも性病になったという話を聞かないと、ついつい定期検査を怠りがちになります。
しかし、性病に感染する可能性はゼロではありませんので、どんなに周りで感染した話などを聞かなくても検査を怠ってはいけないのです。
それと、検査をする時も問診票などに本名を書かなくても大丈夫です。
適当な名前でも全く問題ありませんので、プライバシーを気にする女性も安心して検査を受けられることができるのです。
そこで、万が一お客様に性病を伝染してしまったらどうなるのか気になるとこでしょう。
やはり、一番に考えられるのはお店にクレームが来る可能性が高いということです。
このクレームによってお店から性病検査を促されますし、もしも自分が性病だったら完治するまではお仕事をお休みしないといけません。
また、最悪のケースは掲示板などに書き込みをされてしま可能性だってあるのです。
しかし、しっかりとプレイ前後に予防を行い、定期的に性病検査を行っていればそこまで心配する必要はないのです。また、性病検査を定期的に行っている風俗求人もあります。風俗業界で働く際は、あらかじめそういった点がしっかりしている店舗かどうかということを考慮しておくのもいいでしょう。

 

性病検査には2つのパターンが存在しています。
まず、「病院に行って検査する方法」と「検査キットを使って自分で検査する方法」のこの2つになってきます。
病院に行く時間が作れない女性などは検査キットがオススメで、郵送で届きますので説明に沿って検査をするだけで結果が分かります。
病院で直接診てもらっても検査キットで自ら検査しても、内容は一緒だから心配はないのです。
後、検査キットは性病ごとに分かれており、たとえば「トリコモナス」を検査するキットと「カンジダ」を検査するキットは違います。
両方とも膣の炎症を引き起こしますので、間違って片方だけの検査キットを取寄せてしまうこともあります。
ですので、自分で検査キットを利用する場合は、ある程度性病への知識があるほうが間違いはないのです。